スーツ 股ずれ

スーツ 股ずれ

スーツは上下揃って価値のあるものです。でも、ズボン(スラックス)だけ股ずれで生地が擦り切れ、ジャケットだけ残ったということはありませんか。できれば、スーツとしてできるだけ長く着たいですよね。

スーツの股ずれを防ぐには、新規購入した際の事前対策が一番効果的です。
股ずれは、歩いているときの外からの摩擦と中からのスレで起こります。スーツのズボンの内側が体温によって温められ、生地にダメージを受けやすくなっているところへ、足が動くので傷みが進んでしまうのです。
スーツのズボンを股ずれから守るには、購入後すぐに股ずれ防止専用の当て布を取り付けることです。スーツ専門店などで販売しているので、一緒に買うと良いでしょう。スーツの股ズレ専用ですから、股ずれのできてしまう条件(体温による温度上昇、湿気、引っ張り)を軽減するようになっています。

スーツの股ずれ防止当て布の取り付けは、そう難しいものではありませんが、面倒だと思う方や時間がない方もいると思います。
スーツのズボンは、裏地のないものがほとんどですから、スパッツや男性ならやや丈の短めの股引をはくと、股ずれからスーツを守ることができます。特に汗をかきやすい暑い夏こそ、効果があります。

また、スーツ購入時にズボンをツーパンツで買っておき、交代ではいて休ませると、股ずれからズボンを守ることができ長くスーツを着ることができます。
さらには、汗や汚れはスーツの生地の傷みを早めるので、夏場などは小まめに洗濯に出すことも必要です。
せっかく買ったお気に入りのスーツを股ずれから守り、長く着てあげるために、ケアを十分してあげてください。

最後に、残念ながらすでに股ズレができてしまったという方には、一度は股ずれの修理をしてみてください。服修理専門店などて、裏から当て布をし、ミシン刺しをして補強してくれるようです。但し、ズボンの股ずれ修理の依頼は、あまり良い顔をされないことが多いようなので、やはり先ずは股ずれが出来る前に対策ですね。